デフォルトアイキャッチ

コース概要

2025年度の大学入試からいよいよ高校教科「情報Ⅰ」が大学入試共通テストをはじめとする大学入試で実施されます。ただし、試験として初めて導入されることもあり現役の高校生たちの間では対策が進んでいないのが実情です。実際、試作問題に触れてみると情報Ⅰの入試対策は他の教科の準備が多いこともあり高校3年生からでは間に合いません。でも早いうちからコツコツ努力ができれば偏差値70を目指すことができるのです。そうなれば他の教科次第では難関大学への道も開けてきます。先取り学習や推薦入試や総合型選抜入試(旧AO入試)を見据えた基礎固めをして、特に普通の塾ではうまく教えられないライバルがつまづきやすいプログラミング問題で差をつけましょう!

情報Ⅰ基礎講座(体験会開催中!)中学生の先取り学習や高校1年生~2年生の学校定期テスト対策や、高校3年生や受験生の共通テスト対策の基礎固めに。
情報Ⅰの入試対策は高3からでは間に合いません。週1回60分からでOK!

大学進学を目指す全ての人が情報Ⅰの対策が必要になる理由

情報Ⅰの学習範囲はこんなに広くて大変! 論理回路(AND,OR)。特にプログラミングは学校や塾ではうまく学べないので大きく点差がつきやすい!

Q.どうして情報Ⅰを早めに学ぶべきなの? 受験生になってからがんばればよいのでは?
A.いいえ。
 国公立大学の入試(共通テスト)は6教科8科目となりこれまで以上に時間が必要となりました。また特にプログラミングに関する問題は付け焼刃では太刀打ちできないためです。ざっくり言ってしまうと高3から慌てて取り組んでも数学や英語などの他の教科の勉強に手一杯で間に合わないのです。

Q.私は推薦入試や総合型選抜入試(旧AO入試)を目標としているから情報Ⅰは関係ないのでは?
A.いいえ。
 情報Ⅰの定期テストの差が合否の差を分けていきます。推薦入試は各科目の平均点(GPA)が重要です。しかし平均という性質上、全体の割合は低くても1科目でも大きく出遅れてしまうと他の教科で挽回できません。つまり大学進学を希望するなら、全ての人が情報Ⅰの対策は必要なのです。

Q.今はまだ中学生だから学ばなくてもいい?
A.必ずしもそうとは言えません。
 一般的に入試は先取り学習が有利です。早めに準備しておけば、高3の春には偏差値70を目指すことができます。そうなれば他の科目次第で難関大学への道も見えてきます。また入試が迫ってからの勉強だと試験対策だけの受験プログラミングですませてしまいがちです。特に付加価値やプレステージの高い仕事はAIを使いこなす力が必要となりました。大人になった時に本当に役立つ力を養いたければ興味を持った時に始めてみるのがよいのではないでしょうか?  

特徴

1.ご自宅や教室で情報Ⅰの教科学習ができます。

AI情報ドリルなら基礎から入試レベルまででこれ1つで対策!
AIドリルで苦手克服と実戦演習。また一人一人のペースで学べます。

教科学習は情報AIドリルを採用しています。こちらは個別最適化や問題演習と知識の定着がバランス良く取り入れられ最新の学習理論に則った教材となっています。


2.整理された問題と難易度傾斜、テキストで情報Ⅰの学習範囲を満遍なくカバー。

学習の流れ。問題演習と解決スライドの徹底学習で苦手を克服。また不明な点はオンラインですぐに質問できる。また豊富な共通テスト予想問題にも取り組むことができます。

自宅を中心にオンライン環境があればどこでも自分のペースで学ぶことができます。テキスト学習だけだとあいまいなまま放置してしまい実際のテスト問題を解き切ることができません。そのため、わからない問題もオンラインでリアルタイムで質問して解決することができます(平日18時~21時半)。


3.教室ではPythonプログラミングを学びます。

Pythonによるユークリッドの互除法のサンプルコード

ツクリウムの情報Ⅰ基礎講座は単なる受験プログラミングではなく、実際のPythonを教室で学ぶことができます。ペーパーテスト用の問題を解けても実際のプログラムが作れないとなると少し悲しいですよね。教室では実際のプログラミング言語Pythonを使って競技プログラミング形式で学びます。こうすることで学校や塾ではなかなか教えてもらえないことや実際に手を動かす機会を提供しています。

選べるコースと料金

入会金(コース共通)
 16,500円

プレミアムコース(情報Ⅰ+Python)
 月13,600円(50分・月2回)、月16,600円(90分・月2回)

情報Ⅰ学習コース(情報AIドリルのみ)
 月6,380円

Python学習コース(情報Ⅰ向けのPythonプログラミング)
 月10,560円(50分・月2回)、月14,900円(90分・月2回)

入会・体験授業のお問い合わせ

お問い合わせアイコン
クリックするとお問い合わせページにジャンプします。