【教育版マインクラフト】1-2 エージェントの向きを指定

デフォルトアイキャッチ

皆さんこんにちは。さいたま市にあるプログラミング教室「ツクリウム」です。今回の記事は教育版マインクラフト(マインクラフト・エデュケーション)を使ってエージェントを左右に動かすプログラミングです。

エージェント(Agent)は聞きなれない言葉ですが、要はプレイヤーの代理として行動してくれるもののことです。教育版マインクラフトでは自分用のロボットという位置づけです。

エージェントの向きを指定(左右に曲がる)するには?

エージェントを右に曲がるプログラム

エージェントは前後左右など向きはそのままでも移動させることはできますが、エージェントの向きを左右に指定して変えることができます。ツールボックスのエージェントのグループから命令を選んでください。

エージェントを左に曲がるプログラム

エージェントの向きを指定してテレポートさせる

またエージェントの向きを東西南北で指定してテレポートさせる命令もあります。ちなみに数値としては、東(-90)西(90)南(0)北(-180)となります。

エージェントの向きを指定してテレポート2

なお方向展開だけならエージェントは意外と素早いため、一時停止して待つことが必要なときもあるでしょう。

体験会開催中です。

当教室では教育版マインクラフトコース開講中です。
先生のお話がしっかり聞くことができ、ルールを守れる人なら年長さんからでも入会可能です。

また当教室のマインクラフトコースはよくあるような既存の学びに対するカウンターカルチャーや逃避の場を志向するものではなく、教育版マインクラフトの特徴を活かしつつ高校の情報Ⅰや大学入試などメインストリームのしっかりとした学びにつながるものを志向するものです。決してその場その場をゲームで浪費する場ではないということを理解したうえで体験会にご参加ください。

お問いあわせ・ご入会・体験会のお申込みは下記のリンクからお願いいたします。
画像をクリックするとお問い合わせページにジャンプします。

お問い合わせアイコン