【教育版マインクラフト】2-6 地下への階段を作る

デフォルトアイキャッチ

階段はループブロックと組み合わせてみるともっと短く作ることができます。ただこの要領で下方向に掘り進めるとプレイヤーは通ることができません。

登り階段の例

登り階段は前進と上昇の繰り返しで作ることができます。

登り階段の例
登り階段の例

そこで次はプレイヤーが通れるようにしてみましょう。。
エージェントは1ブロックの背丈ですが、プレイヤーは2ブロック分ですので登り階段とは少し異なります。プレイヤーが下りられるためには前側にもう一つ分ブロックを壊して戻る処理が必要になります。ただコードを書き写すだけではなく、エージェントの動きを注意深くたどる練習が大切です。

下り階段の例

下り階段の例
下り階段の例

またエージェントを使わない方法もあります。座標の指定を変数で行うところがポイントです。
なお、この例は相対座標を元に空気ブロックにしていますがが、プレイヤーが動くとずれます。状況に応じて初期処理にX,Y,Zを絶対座標で取得したほうがよいでしょう。

ブロックを並べるを用いた下り階段。座標は絶対座標で指定。

開始位置を絶対座標で指定。

ブロックを並べるを用いた下り階段。座標は相対座標で指定。

開始位置を相対座標で指定。

体験会開催中です。

当教室では教育版マインクラフトコース開講中です。
先生のお話がしっかり聞くことができ、ルールを守れる人なら年長さんからでも入会可能です。

また当教室のマインクラフトコースはよくあるような既存の学びに対するカウンターカルチャーや逃避の場を志向するものではなく、教育版マインクラフトの特徴を活かしつつ高校の情報Ⅰや大学入試などメインストリームのしっかりとした学びにつながるものを志向するものです。決してその場その場をゲームで浪費する場ではないということを理解したうえで体験会にご参加ください。そして、マインクラフトの世界だけでしか通用しない井の中の蛙にならないように注意しましょう。「楽しみながら学ぶ」というフレーズの先が「何も残らない未来」であるのならそうした考えは戒めが必要だと考えています。

お問いあわせ・ご入会・体験会のお申込みは下記のリンクからお願いいたします。
画像をクリックするとお問い合わせページにジャンプします。

お問い合わせアイコン